野菜の飲み物で夜だけダイエット

MAIN IMAGE_DIET

私が一番痩せられた方法は実は飲み物ダイエットです。
と言っても、用意するのは野菜100パーセントのジュースだけでいいのです。
この方法を始めたのはある女性雑誌に載っていた特集記事を読んだことでした。
その頃の私はぽっちゃり体型で、健康的な体重が55キロ前後でいいのに64キロという9キロオーバーでした。
今の女の子の感覚では恐らく55キロでも太っているとなるのでしょうけれど、私はまずその体重を目指そうと考えていました。
方法は簡単で朝と昼はきちんと食事を取り、運動量が少ない夜だけ野菜ジュースをコップ1杯飲みました。
市販の野菜ジュースでもいいですし、自分でミキサーなどを使って作ってもいいです。
私は市販の野菜ジュースの種類の豊富さに魅かれて、いつも購入していました。
大体1000ミリリットルの紙パックのもので1週間ほどもちました。
最初の数日間はおなかがすいてちょっと辛かったですが、3日ほどすると慣れて大丈夫になりました。
あとはちょっとしたストレッチやラジオ体操をしていました。
おやつはバナナチップスをよく食べていました。
午後3時までなら食べてもいい、量はこれだけと決めて、小さな皿に食べる分だけ入れておくと食べすぎを抑えられます。
それを始めて1か月で約6キロの減量に成功しました。
それがダイエットを続ける元気を出させてくれました。
それから半年間、夜は野菜ジュースだけという生活でしたが、だんだん軽くなってくる体が実感できましたし、なにより体の調子が良くなってきているのがわかりました。
それと共に自分に対する自信も出てきてうれしかったです。
そして半年後に私の体重は49キロになりました。
ウエストは約12センチ減、心配していた胸も3センチ痩せただけですみました。
その頃ちょうど法事があって喪服を着たのですが、痩せたのでブカブカになっていました。
ぽっこりしていたおなかや一番肉がついていた腰の上がすっきりしたことで女性らしい体つきになれたのです。
野菜ジュースは食物繊維がたっぷりなのでダイエットに大敵な便秘になることもなかったのが良かったです。
中学生の頃には無茶なリンゴだけの方法を試したことがありましたが、あれだったら恐らく続かなかったと思います。
ポイントは夜だけしていたこと、おやつもちゃんと食べていたのでストレスがかからなかったことです。
ストレスがたまってしまうと、ついドカ食いに走ってしまうことが多いですからなるべく貯めないようにすることも大切です。